2020東京パラリンピックのチケット販売が開始!チケット購入状況は!?人気競技や見どころは!

東京パラリンピックのチケット販売が抽選申し込み開始されました。

学生時代に陸上部で汗を流した私としては、オリンピックはもちろん!
パラリンピックも見逃せません!すでにワクワクしています。

そこで、パラリンピックのチケットはまだ購入できるのか!
チケット購入の注意点や入手のコツ。

人気競技や注目選手、パラリンピックの魅力をご紹介します。

2020パラリンピックのチケットはまだ買える?間に合う??

東京パラリンピックのチケット販売は2019年8月22日(木)~9月9日(月)11:59に「東京2020パラリンピック公式チケット販売サイト」で「抽選申し込み」ができます。

申し込みには何点か注意点やサービスがあるのでご紹介します。

公式チケット販売サイトでの販売は、日本国内にお住まいの方のみが対象です。

海外にお住まいの方は、各国・地域のNPCまたは公式チケット販売事業者での手続きとなります。

一人が申し込みできる上限枚数も決められていますので、注意してください!

また、多くの方にチケットの当選確率が広がるように、2種類のサービスがあります。

カスケードサービス

席にはランクがあり、A席・B席など別れていますが、カスケードサービスとは、例えば、B席で「抽選申し込み」をして当選しなくても、一つ下のC席にまだ空きがあれば当選するかもしれないというサービスです。

第2希望選択サービス

第2希望選択サービスをしておけば、第1希望が落選しても、第2希望の競技のチケットが当選するかもしれないサービスです。

例えば、時間がかぶっている競技で、一つが落選しても、もう一つは当選するかもしれません。

どちらも、多くの方に競技を見てもらえるように配慮されていますので、どの競技を見たいか、落選した時の事を考えて申し込みしましょう。

2020パラリンピックの人気競技とは!?

パラリンピックを観戦したことがない方の為に、人気競技をいくつかご紹介いたします。

学生時代、陸上部だった私の好きな競技でもある「陸上競技」や他にも

「車椅子バスケ」「テニス」「5人制サッカー」「柔道」「水泳」などが人気競技です。

「車椅子バスケ」はスピード感もあり、ぶつかり合いの激しさもあるので、パラリンピックの中でも、特に人気の高い競技です。

車椅子バスケは「スラムダンク」や「バカボンド」で知られる漫画家「井上雄彦さん」の漫画「リアル」でも描かれており、多くの方が車椅子バスケに興味を持っているようです。

私も「リアル」読んだことありますが、感動・障がい者の苦悩が描かれており、オススメの漫画になっているので、興味のある方は是非。

他にも人気の競技の中の車いすテニスですが、パラリンピックの選手といえば、この人が有名ではないでしょうか?
車いすテニスの「国枝慎吾さん」です。
国枝さんは、4大世界大会を全て制覇し、男子世界歴代最多となる40回優勝をしています(シングル20回ダブルス20回)

今までのパラリンピックでも

車いすテニスシングル2008年・2012年金メダル

車いすテニスダブルス2004年 金メダル 2008年・2016年銅メダル

2020年のパラリンピックでもメダルが期待されています。
金メダルをシングルでもダブルスでも獲って頂きたいですね。

スポンサーリンク

2020パラリンピックの見どころとは!?不自由を超える魅力!!

パラリンピックが開催されるようになった理由は第二次戦争大戦が由来で、戦争で怪我をした兵士がリハビリの一環としてスポーツをし、そして、負傷した兵士が人間として生きる希望を取り戻した。

このような出来事から、パラリンピックが行なわれるようになったそうです。

パラリンピックは世界最高峰の障がい者のスポーツ大会であり、多くの人に勇気と感動を与える、世界的なイベントです。

2020年東京でのパラリンピックでは、22競技・540種目が行なわれます。

様々な障がいをもったアスリート達が自分の限界に挑戦しています。

オリンピックしか見ない方もいるかもしれませんが、オリンピックと何も変わりありません!

障がいがあっても、なくても何かに取り組む、1位を目指すというのは素晴らしいものです。

障がいがあるからこそ障がいのない方よりも頑張っている方が多いので、見ていて感動と興奮もします。

2020パラリンピックに関するまとめ

チケット入手のコツですが

1、平日や遠方の会場を狙う

人が集まりづらい場所を狙うのがお勧めです。

2、人気競技と同日の競技を狙う

人気競技に申し込みが殺到するのでオススメです。

3、座席は中間のランクの席にする

A席のような高い席や一番安い席ではなく、中間がオススメです。

他にも気になる競技は沢山あります。

卓球・馬術・テコンドー・柔道などなど

私は幅跳びやトラック競技が好きなので「陸上競技」は全部見ますし、毎回、車椅子バスケや車いすテニスは見ています。

オリンピックしか見たことのない方も、是非一度、目の前で観戦してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする