サーティワンが赤字!?魅力の影に厳しい現実が!?閉店も?意外なライバルの存在とは!?

アイスクリーム業界でも名の知れている「サーティワン」が、2015年に40年ぶりの赤字になって以降、業績の伸び悩みに苦しんでいるそうです。

テレビCMや広告などでも広く宣伝され、春夏秋冬季節問わず若者の間で人気のあるサーティワン。その魅力の影に、実は厳しい現実が立ちはだかっているんですね。

赤字が続いている大きな原因として、意外なライバルの存在も…。

アイスクリーム業界の中でも圧倒的な存在感を誇っている「サーティワン」を脅かす影とは、いったい何なのでしょうか?

サーティワンを始めとしたアイス業界の意外ライバルとは!?

アイスクリーム業界の中でも大きい規模であるサーティワンですが、そのサーティワンだけでなくその他のアイスクリーム屋さんを脅かす意外なライバル…。

それはなんと「コンビニエンスストア」だったんです。

アイスクリーム市場は15年間で1.5倍以上の規模に拡大をしているのですが、これほどまでに成長したのはコンビニの影響と言われています。

現在は大手だけでも全国に約5万店も展開しており、店舗数の右肩上がりにともなって、アイスの販売数も比例して高まっているんですね。

コンビニにアイスを卸すメーカーの努力も素晴らしく、季節に合わせた限定商品や、今大人や外国人に人気の抹茶のアイス、食べきりサイズなど高付加価値のアイスの開発に力をいれてきました。

コンビニもメーカーと二人三脚で、ここまで開拓してきているのですね。

サーティワンの赤字は店舗減にも影響

アイスクリーム業界の中でも大きな規模を誇り、人気度も知名度も高いサーティワンの赤字は大きな痛手となっています。

最大の原因とする「コンビニエンスストア」の普及。

サーティワンが伸び悩むようになった2010年以降は、全国にコンビニが店舗数を大きく増やしていった時期でもあります。

そして2015年の12月末からはこの数年間で約30店舗閉店をしています。店舗数は年々、減少傾向にあるようです…。

家の近くには必ずコンビニがあり、アイス業界に負けず劣らずでアイスの種類は豊富にあります。

いつでも気軽に買えてしまうコンビニが、これからも増え続けていくとアイス業界はさらに苦しむ結果になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

サーティワンの厳しい現実!売上の傾きは?

赤字によって拡大路線の変更をし、積極的な店舗閉鎖をしているサーティワンですが、その影響は売上の傾きにも大きく影響しています。

売上のよくない店舗の閉鎖を積極的に行い収益改善に努めたが、十分な成果は出ていません。

2013年の200億の横ばいが2014年~2015年には180億円台まで下落。

若干立て直したものの、2019年には86億円まで低迷しており、やはり業績は思わしくないようです。

しかしながらサーティワンのアイスの魅力が落ちているわけではありません。コンビニに負けない商品の魅力もしっかりと持っています。

サーティワンの魅力とは?今さら聞けない人気の秘密!

景気は不調なサーティワンですが、アイスの美味しさや人気は変わっておらず、コンビニでは味わえない商品開発には特に力を入れています。

サーティワンの魅力はなんといっても「フレーバーの多さ」、そして「イベントごとに楽しめる味」です。

店舗には毎日32種類のフレーバーがある店舗がほとんどで、種類の豊富さはお客様を飽きさせず、いつきても新しい味があるという楽しみをもたせてくれます。

ちなみに私がサーティワンに行くと毎回食べてしまうのは、大きなチョコがアクセントの甘酸っぱいベリー味「ラブポーションサーティワン」や、サーティワンの人気No1のポップロックキャンディがパチパチ弾ける「ポッピングシャワー」です♪

またイベントごとの新しいフレーバーもお客様の心を掴んでいます。

例えば2019年の1月には人気キャラクター「ミニオン」をモチーフにしたフレーバーを出したり、8月にはポケモン映画「ミュウツーの逆襲」の公開記念で限定フレーバーも販売しています。

お客様に美味しい楽しみを!と対策を講じてますが、果たして今後の経営にはどう影響していくのか。

サーティワンの赤字に関するまとめ

アイスクリーム業界の中でも大きな規模を誇る「サーティワン」は、2010年からのコンビニエンスストアの店舗数拡大により赤字に陥っています。

サーティワンは収益改善を務めるため、不採算店を積極的に閉鎖しているが、大きな改善には至っていません。

そしてその裏では、数年で約5万店舗も増やしていったコンビニが、それに比例するかのようにアイスの売上も上げています。

コンビニのアイスメーカーも力を入れており、老若男女いつでも買いに行けてしまう手軽さが、アイス業界に大きく影響しているのです。

しかしサーティワンのアイスの美味しさや魅力はまだまだ生きています。今後、どのような施策を打ってくるのか。アイス業界の今後の動きに注目ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする