最先端犯罪「AirDrop(エアドロップ)痴漢」とは!!誰でも被害に遭う!?対策や罪について!!

スマホに関する犯罪や被害が最近増えていますよね(アカウント乗っ取りや偽Wi-Fi)

そして、またスマホに関する新たな犯罪が増えています。

その名前は「AirDrop(エアドロップ)痴漢」!!

ちょっと変な名前ですし、聞いただけだとどんな犯罪かわかりません。

被害に会う方が急増中のエアドロップ痴漢ですが、いつあなたも被害に会うかわからないので、いったいどんな犯罪なのか!被害に会う前に対策方法を見ておきましょう。

AirDrop(エアドロップ)痴漢って何??

まず、「AirDrop(エアドロップ)痴漢」を説明するために、エアドロップについてご説明します。

iPhoneやMacBookなど、Apple製品に搭載されている「AirDrop(エアドロップ)」は、Appleデバイス同士でデータをやり取りできる機能です。

自分のスマホから半径9メートルにいる、エアドロップ受信をオンにしている人には簡単にデータを送れるので便利な機能なんですが、その便利な機能を使って「わいせつな画像」を送りつけたり、「キャバクラの広告」などを送りつける事件が増えています。

その名も、「AirDrop(エアドロップ)痴漢」です。

実際に逮捕者も出ています。

8月20日、福岡市西区の会社員の男性(37歳)が地下鉄の車両の中で面識のない人に「女性の裸」の画像を無断で送ったとして、県迷惑防止条例違反容疑で福岡区検に書類送検されました。

被害に会い通報した男性も、よく通報してくれました!

女性だと怖くて通報をためらってしまうかもしれませんし、犯罪は撲滅したいものです。

AirDrop(エアドロップ)痴漢の被害は女性とは限らない!?

20日の福岡市での「AirDrop(エアドロップ)痴漢」ですが、書類送検された37歳の男性が画像を送った相手は、34歳の男性です。

画像を送られた男性は自分が送られた画像と同じ画像を電車内で見ていた男に気づき、駅を降りた後、尾行をしながら警察に連絡、男を逮捕したとのこと。

そんな画像を送って何が楽しいのでしょうか?
ストレス発散?ただのいたずら?どちらにしても犯罪なので、やめていただきたいですね。

とはいえ、被害に会うのは女性が多く、ニュースでも町で女性に聞き込みをしたところ2人に1人の確率で被害に会ったという人がいて、深刻な問題になっている。

という私も、1週間前に画像が送られてきた被害者で、すぐに消去しましたが、送られて来た時は「誰からだ?」「なんだこれ?」と不快な思いをしました。

AirDrop(エアドロップ)痴漢は何罪?どんな罪に問われるの??

「AirDrop(エアドロップ)痴漢」は場所や時間は関係ありませんが、特に電車の中で女性が被害に会うことが多いようです。

そんな「AirDrop(エアドロップ)痴漢」は一般的な痴漢とは違い、「わいせつ電磁的記録頒布罪(わいせつ物頒布等)という罪に問われます。

刑法第175条

  • わいせつな文章、図面、電磁的記録に係わる記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は2年以下の懲役若しくは、二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し…

「簡単に言うと、エアドロップ痴漢で捕まれば、刑務所に入る・罰金(科料も金額をとりたてること)の罰が課せられることになります」

SNSで自分の性器を公開した場合や、アダルトダウンロード販売サイトにわいせつ動画をアップし販売した場合も同じ罪に問われます。

また、各都道府県(東京・大阪・埼玉・神奈川・千葉)では条例違反の刑罰「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

実際に逮捕者も出ているので、被害に会った方は警察に連絡しましょう。

スポンサーリンク

AirDrop(エアドロップ)痴漢に遭わないための対策とは!?

このAirDrop(エアドロップ)機能で送られきた画像は、「○○(ユーザー名)が写真を共有しようとしています。」と表示され「辞退」「受け入れる」の選択ができるのですが、この選択肢を選ぶ時点でその画像が表示されるため、受信した人の意思に関わらず、一度は必ず画像を見てしまうことを逆手にとった犯罪性にあります。

そんな誰もが、いつ被害者になってもおかしくないエアドロップ痴漢ですが、2つの対処法があります。

デバイスのAirDrop設定を変更する

「設定」⇒「一般」⇒「AirDrop」で「連絡先のみ」か「受信しない」を選択します

受信したい時だけ「受信する」にするのが一番良いのではないでしょうか?

iPhoneの名前を変更する

被害に会うのは女性が多いため、iPhoneの名前を女性とわからないように変更します。

「設定」⇒「一般」⇒「情報」⇒「名前」から編集できます。

名前の変更だけでは完全に被害を回避できないので、受信設定をおススメします。

子供のスマホに送られてきては堪ったものではありませんので、設定しておきましょう。

AirDrop(エアドロップ)痴漢に関するまとめ

わいせつな画像以外にも不快になるような画像を送る事例もあるので、女性だけではなく、男性も警戒が必要ですね。

逮捕者も出ていますが、大勢いる場所で送られることが多いため、犯人を特定することが難しいのが現状ですので、送られてくる前に、iPhoneの設定をしておきましょう。

犯人は送られた相手の困った顔が見たいのか、見せびらかして嬉しいのか?

露出狂に近い感覚なのでしょうか?理解に苦しみますが、「AirDrop(エアドロップ)痴漢」がなくなるよう、犯罪者がいなくなることはないと思うので、エアドロップ機能が改善されるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする