湯沢祐介と小川晃代の経歴とプロフィール!可愛く撮るにはツンデレを見極めろ?!超貴重な青い瞳のネコとは??激カワネコ画像特集【マツコの知らない世界】

10月15日(火)の【マツコの知らない世界】で、「飼わなくても虜になる!ネコ画像の世界」が放送されます。

ネコ画像はもちろん、子猫がたくさん出てくるので、ネコ好きにはたまらない内容です。

2000年頃にネコ鍋の画像が大ブームとなり、それ以来ネコの人気は右肩上がり♪

そんなネコ画像を紹介してくれるのは、フォトコンテストの審査員をも務めている、ネコ画像のスペシャリスト夫婦の湯沢祐介さんと小川晃代さん。

飼わなくても一目見ただけで虜になる最強に可愛いネコ画像の数々でしたが、こんなに可愛い画像を見ていると飼いたくなってしまいますよね…。

今回はスペシャリスト夫婦の実態や、ネコの生態や地球外生命体説?!についてまとめていきたいと思います!

湯沢祐介と小川晃代のwiki風プロフィール紹介!

1万匹以上のネコから「可愛い」を引き出し、写真に収めてきた湯沢祐介さんと小川晃代さん。まずは二人のプロフィールから見ていきましょう

名前   :湯沢 祐介 (ゆざわ ゆうすけ)

生年月日 :1980年 ※誕生日は不明

年齢   :不明 ※生まれ年から恐らく38歳か39歳

出身地  :東京都

出身大学 :常磐大学国際ビジネス学部

職業   :アニマルラグーン株式会社

特技   :湯沢式ザ・ワールド(猫じゃらしを使って動きを止める)

※ザ・ワールドとは?

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する”時を止める”スタンド能力をもつディオというキャラクタから

カメラマン、撮影講師、フォトコンテスト審査員など

名前   :小川 晃代 (おがわ あきよ)

生年月日 :1980年 ※誕生日は不明

年齢   :不明 ※生まれ年から恐らく38歳か39歳

出身地  :埼玉県

出身校  :埼玉県立蕨高等学校

職業   :アニマルラグーン株式会社 代表取締役

二人の出会いはネコを撮る写真家の事務所。そこで知り合い、交際をはじめて結婚し、今でも「ペトグラファー(ペット専門フォトグラファー)」としてネコの写真を撮り続けているそうです。

その後、小川さんが立ち上げた動物専門のコンテンツ制作会社「アニマルラグーン」を、湯沢さんも共に経営しています。

夫婦が経営する「アニマルラグーン株式会社」とは?

「アニマルラグーン株式会社」ではペットの写真撮影、ペットモデルプロダクションやオリジナルグッズ制作など、様々な事業に取り組んでいます。

>>アニマルラグーン株式会社

ペットの写真撮影の仕方も教えてくれるので、飼っているペットを可愛く撮影したい!と思う飼い主さんはぜひチェックしてみて頂きたいです。

撮影は基本湯沢さんがカメラマン、小川さんがあやし役をやっており、2人1組で行っています。

ただしネコの撮影の際には、「猫じゃらし魔術師」と呼ばれる湯沢さんがあやし役をし、可愛い表情を引き出した上で、小川さんが撮影をしているそうです。

誰もが知っているかもしれませんが、ネコは基本的にツンデレなので、可愛い表情を引き出すのもなかなか一苦労のようです…。

ネコのツンデレは生まれつき?計算?ネコの生態!

ネコはゴロゴロと懐いてくることもあれば、呼んでもプイっとそっぽを向くこともあり、ツンデレと思われていますが、そのツンデレは生まれつきなのか計算なのか、どちらなのでしょうか。

答えは「生まれつき」が、どちらかといえば正しいでしょう。

ネコは元々、野生の中では単独で生活をする動物です。そのため「周囲に合わせる」ということをしてこなかったことから、自分のやりたいことをやる自由奔放な性格になったのです。

それがツンデレといわれる、飼い主さんに甘えたい時は甘える、一人になりたい時は寄ってこない、というふうになったのですね。

スキンシップをしていたのに急に嫌がられる、なんてこともありますので、愛猫のサインを見逃さず、嫌がっている時にはそっとしておけるように心がけるのがベストです!

そして可愛く撮るにはネコに嫌われてしまっては元も子もありませんので、ツンデレな性格を見極めて、シャッターチャンスを狙いましょう♪

スポンサーリンク

ネットにあふれるネコの地球外生命体説とは!?

可愛いで大人気のネコですが、その裏で実は「地球外生命体説」もネットで噂されているんです。

それが「ネコが宇宙人のスパイかもしれない」という説。

いやいや…そんなわけないでしょう。(笑)と思わず鼻で笑ってしまいそうですが、ネコにはいくつか不可思議な点があります。

・高いところから落ちても必ず足から着地する身体能力の高さ

・まるで人間のように二本足で立つ姿

など、通常では考えられないようなネコの仕草から、実は宇宙から送り込まれてきたのではないか、人間の情報を宇宙人に送信しているのではないか、など囁かれるようになりました。

ただ、どの噂も科学的根拠はなく、噂にしか過ぎないようです。

とはいえ、可愛いネコの姿に変わりはありませんが、ネコの身体能力も二本立ちの姿も、はたから見ると少々驚いてしまう光景ではありますよね。

超貴重?青い瞳のネコとは一体!?

番組で紹介される「超貴重な青い瞳」のネコとは一体、何なのでしょうか??

紹介動画を見ていると、以下のことが分かります。

・青い瞳

・貴重

・毛の模様がハチワレっぽい

※ハチワレとは?

顔面の毛の色が鼻筋を境にして「八」の字形に2色に分かれている模様の総称

この情報をもとに、探してみると・・・当てはまるネコちゃんが!!

それが!!

スノーシュー

という猫種にたどりつきました。

スノーシュー??

あまり聞き慣れない猫種ですね・・・でも、キャットショーでは頻繁に見かける猫種のようです。

※猫図鑑より

まずはスノーシューの基本データから。

猫種:スノーシュー(英語表記:Snowshoe)

起源:1960年代

原産:米国

原種:シャム+アメリカンショートヘア

被毛:短毛

体重:2.5~5kg程度

寿命:13~16歳

登録:1980年代(TICA)※TICAとは猫種の血統書登録機関。

性格:甘えん坊で超かまってちゃん、相当な遊び好き

鳴声:やや声が大きめでよく鳴く

入手:困難(20~30万円程度、輸入の場合は費用として50万円を超えるとも)

となっています。

血統書の登録が1980年代ということは、歴史としては、まだまだ新しい方なのでは?

名前(スノーシュー)の由来はその足の模様で、足先だけ白くまるで雪靴(Snowshoe)を履いている様子から付けられましたが、その実態は、シャムの劣性遺伝の結果とも言われています。

シャムがベースのため、遺伝性疾患に注意が必要です。そもそも劣性遺伝の結果の品種ですので・・・

その他としては、歯周病、ヘルニアあたりに気をつけたいところ。

ただ、あまり水を怖がらない傾向にあるようで、シャンプーは比較的容易にさせてくれるようです。

シャム同様に人間への依存が強いため長時間の留守番には向きません。

ストレスに要注意です。

何にしても貴重な猫種。

とても興味がありますね。

どうか、紹介される猫種がスノーシューでありますように笑

※10月15(火)放映にて、キトンブルーという子猫時代の青い瞳のことと判明しました。

猫種のことではなかったです・・・。

湯沢祐介と小川晃代のネコ画像に関するまとめ

10月15日(火)の【マツコの知らない世界】で、「飼わなくても虜になる!ネコ画像の世界」が放送されます。

紹介してくれるのはペトグラファーの湯沢祐介さんと、奥さんの小川晃代さんです。お二人は現在小川さんが設立した「アニマルラグーン株式会社」でペットにまつわる様々な事業を展開しています。

マツコの知らない世界では、いかに子猫を可愛く撮影するか猫じゃらしを使って、撮影の仕方を伝授。

生まれつき基本的に自由奔放でツンデレな一面があるネコなので、可愛い写真を撮るにはツンデレの性格を見極めて、シャッターチャンスを狙いましょう!

ぜひペットを飼っているあなたは、可愛く撮影してくれたりオリジナルグッズを制作してくれるペトグラファー夫婦のお仕事にも要チェックです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする