悪魔的だ!カイジシリーズ最終回!気になるキャストやストーリーは?1000億稼げ!?最後の敵は国家??クズでごめんなさい・・・【映画KAIJIカイジ ファイナルゲーム】

漫画家「福本伸行さん」の人気漫画が原作で1996年からヤングマガジンで連載され実写映画化した「カイジ」シリーズの第三弾が9年の時を経て、来年の冬2020年1月10日にファイナルとして公開されます。


3作目にしてファイナルを迎える、このカイジシリーズを見たことがありますか?

藤原竜也さんの演技が話題にもなりモノマネをする人も多く「キンキンに冷えてやがるぜ」も有名なセリフですね。

出演者の演技も悪魔的なカイジシリーズの魅力と前作までのあらすじ、ファイナルの見どころをご紹介します。

カイジとは?今さら聞けない映画のあらすじ

ファイナルを見る前に前作を見た人にはおさらいを!

見たことがない方には、見たくなるようなあらすじを説明します。

1作目「カイジ 人生逆転ゲーム」

主人公の伊藤カイジが借金202万円を帳消しにするため命を懸けてギャンブルクルーズへ向かいます。

そこには他にも借金を抱えたクズと呼ばれる人達が集められていました。

乗船したこの船の名前はエスポワール(フランス語で希望)。何だか皮肉ですよね。

それにしても202万円で命をかけるって・・・普通やらないと思いますけど・・・

ダマし、頭を使って勝ち抜く「限定ジャンケン」。高層ビルの間に架けられた触ると感電する「電流鉄骨渡り」。そして究極の心理戦「Eゲーム」

私的には香川照之さん演じる「利根川幸雄とカイジがすべてを懸けたEゲーム」が面白かったです。心理戦やお金のために命がけで奮闘する姿が魅力です。

2作目「カイジ2 人生奪回ゲーム」

2作目「カイジ2 人生奪回ゲーム」では4人の負け組が(一人は利根川幸雄)。

巨大裏カジノの当たれば巨額のお金が手に入る「人喰い沼」と呼ばれるパチンコの攻略!に挑みますが、普通にプレーをしても大当たりが出ることは絶対にありません。

攻略のためにあの手この手で「人喰い沼」に4人が挑みます。

映画中には命がけの三択「姫と奴隷」や「地獄のチンチロ」なども!

巨大裏カジノを仕切っている一条聖也役を演じる伊勢谷雄介さんの演技を見て私は伊勢谷さんファンになってしまいました。

最後の最後までどんでん返しあり、裏の裏の裏の・・・最後まで目が離せない映画になっています。

ただのギャンブルの話じゃない!カイジの魅力とは?

カイジでは演技が魅力の一つになっています。

クズを演じる人、お金を稼ぐために何でもする男、普通に演じていてもカイジでは逆に浮いてしまいます。

名台詞も何個も生まれていますね。

「勝つことがすべてだ!勝たなきゃゴミだ!」

「ありがてーキンキンに冷えてやがる、うめー、悪魔的だ」

「今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!」

「貴様、生まれてから何度そのセリフを吐いてきた?世間はお前らクズの決心をいつまでも待ったりはせん、一生迷ってろ、そしてチャンスを失い続けろ」

かなり過激なセリフもありますが、凄く好きなセリフばかりです。

そして演技もセリフも魅力ですが、やはり心理戦が魅力です。

もうおしまいだ!!という場面からのどんでん返し!そしてまたどん底に落とされ、それでも這い上がる!手に汗握る心理戦の数々は2時間「ざわざわ」しっぱなしです(笑)

スポンサーリンク

新作にして最終回!原作者・福本伸行の完全オリジナルストーリー!

今回のストーリーは、2020年に開催された東京オリンピックの終了を機に、国の景気が恐ろしい速さで失速していきます。

金を持つものが強者で、持たないものはクズ同然。

カイジも自堕落な生活をしていました。

1缶1000円もするビールを買うか迷っているところに一人の男が一攫千金のチャンスだと話しを持ってくる。

その話を聞いたカイジはざわ・・・さわ・・・ざわ・・・

今回の映画は福本伸行さん完全オリジナルストーリーのゲームが4つ用意されています。

「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」

どのようなゲーム展開になるのか、心理戦が今からワクワクしますね。

そして、今回のキャストがまたすごい!

藤原竜也はもちろん、福士蒼汰・関水渚・新田真剣佑・吉田鋼太郎

過去作にも登場した方々も!

カイジファイナルゲームに関するまとめ

藤原竜也さんは

日常ではなかなか経験できない世界を描いていて、日頃抱えている社会に対する想いなどを代弁者のようにスッキリ見せてくれるのが「カイジ」。今回も原作の福本さんの世界観を見事に表現してくれていて、度肝を抜かれました。一般的なレベルの温度での芝居をしていたら「カイジ」の世界では通用しないので、脳みそが疲れて大変でしたが(笑)、新キャストの方々のいろんな才能と交われたのが非常に面白かったです。今回は展開が盛りだくさん。ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りなので、ぜひ期待して観に来て欲しいです。

とコメント。

凄く楽しみですね。

漫画が原作の実写映画化は失敗作も多いですが「カイジ」はかなりの成功作ではないでしょうか?

見たことない方は1作目から見て欲しいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする