LINEアプリに新機能「オープンチャット」の提供開始!友達登録なしでグループチャットができる!便利な一方で早速トラブルも!?

8月19日、LINEはグループトークの機能を拡張した新機能「オープンチャット(OpenChat)」の提供を開始しました。

LINEはいまや、個人のメッセージだけではなく、ビジネスでも活用される便利なアプリとなっていますよね。

さて、そんな便利なアプリにまた新機能が追加ともなると、一体どういう機能なのか、多くの人が気になるところです。

・オープンチャットってどういう事?

・グループチャットは使っているけど、何が違うの?

・どう使えばいいの?

そのあたりについて、調べてみました。

LINEアプリの新機能オープンチャット(OpenChat)とは何!?

最近になって、トークルーム作成の画面に

オープンチャット

いろんな人とおしゃべりしてみよう

と表示されている事に気づいた人も多いかと思います。

それまでは、一部のユーザーに解放されていたものが、一般公開(提供)を前に、他のユーザーにも、徐々に浸透していったようです。

LINEアプリのグループチャットとの違いは?

それでは、オープンチャットとグループチャットとの違いを、オープンチャットの機能の説明をとおして、比べてみましょう。

トークルームごとにプロフィールを設定できる

通常のトークルームでは、自分のアカウント名がチャットの参加者として表示されますが、このオープンチャットは、匿名で参加することができます。

これにより、色んな人が参加できるため、さながら「コミュニティ」と呼ばれています。

グループチャット

自分のLINEアカウントで参加

オープンチャット

匿名のプロフィールで参加可能

トークルームにURLやQRコードを使って招待することできる

これまでのグループへの招待は、先に友達になる等LINEでつながってから、招待するという流れでしたが、このオープンチャットはQRコードを、TwitterやInstagramに貼るだけで誰でも参加できます。

※ただし、年齢認証をしていないユーザーや18歳未満のユーザーについては、一部の機能が制限されるようです。

グループチャット

・LINEでつながってから招待

・途中参加すると過去のトークは見ることができない

オープンチャット

・QRコードで誰でも募集、招待が可能

・途中参加前のトークも閲覧可能

ひとつのトークルームの参加人数は5,000人

グループチャットでは最大500人までの参加人数でしたが、オープンチャットでは、その特性から最大5,000人まで参加が可能です。

また、誰でも参加できることで懸念される「荒らし行為」などの抑止のため、管理者機能がついています。

これを使えば、管理者が承認しなかったユーザーの制限を設ける事ができます。

グループチャット

・参加人数は500人まで

・トークルームに管理者権限なし

オープンチャット

・参加人数は5,000人まで

・管理者権限でユーザーを制限できる

スポンサーリンク

LINEアプリのオープンチャットで早速トラブル発生!?気をつけることとは!?

交流の場が広がる今回のLINEアプリの新機能「オープンチャット」ですが、年齢で使用制限はあるものの、その匿名性や参加のしやすさから、早速トラブルになりかねない事態も見受けられます。

心配されるのは、やはりこちら。

そう、人との「出会い」です。

もちろん、その多くは純粋に同じ趣味の仲間で楽しみを共有するものですが、どうしても、不健全なことに使用しようとする人がいるのも事実。

オープンチャット(OpenChat)公式では、以下のルールを提唱しています。

安全で活発なOpenChatを楽しむための5つのルール
1.見知らぬ人と実際に会うことには危険も!OpenChatで個人の連絡先を教えることは避ける
2.青少年の安全で健全な利用を最優先に
3.メンバー間での誹謗中傷やわいせつな投稿は絶対行わない
4.営利目的の活動や権利侵害なども厳しく規制
5.不適切なメッセージでオフラインでの出会いや集まりを勧誘するコンテンツには「通報」機能を活用する

としています。

見ればあたりまえに思えるルール、自由な交流だからこそ、きちんと守って使用したいものですね。

匿名性のあるものはどうしても気が大きくなる人もいるので、そのあたりもよく見極めたいです。

LINEアプリのオープンチャットに関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

グループチャットよりも人が集まりやすく参加しやすくなったオープンチャット。

有意義に使えば、より充実した活動ができそうですね。

私も趣味仲間を探してみようかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする