塚田涼太郎が台湾まぜそば初体験のマツコに魅力を語る!経歴や学部等プロフィールも!?【マツコの知らない世界】

9月10日(火)の21時から放映される【マツコの知らない世界】では、今注目を集めている汁なし担々麵の「台湾まぜそばの世界」が放映されます。

紹介してくれるのはなんと週5で台湾まぜそばを食べ歩く東大院生の「塚田涼太郎」さんです。

そしてなんとこの日、マツコは人生初の台湾まぜそばだそう。

台湾まぜそばってどれも同じじゃない?と思うそこのあなた!!これを見ると台湾まぜそばの認識が変わります!

実は台湾まぜそばには男子に人気のストロング系から、女子にも人気のマイルド系まで様々あったんです…。

今回は、おすすめの台湾まぜそばを語ってくれる塚田涼太郎さんって一体何者?台湾まぜそばの魅力など、まとめていきます!

塚田涼太郎のwiki風プロフィール!経歴は?学部は?

まず初めに塚田涼太郎さんのプロフィールをご紹介します。

名前   :塚田 涼太郎(つかだ りょうたろう)

生年月日 :不明

年齢   :23~24歳

出身地  :滋賀県大津市

学歴   :滋賀県立膳所高等学校(2014年卒業)

東京大学工学部(2019年卒業)

東京大学大学院(現在)

学部   :情報理工学系研究科

生年月日は不明ですが、大学院生ですのでスムーズにいっていれば今年23歳あたりですね。

(放映で21歳と判明しました)

本来、内向的な性格の塚田涼太郎さんですが、なんと台湾まぜそばを通じて初めてお友達ができたそうなんです!

台湾まぜそばが繋ぐ人と人との縁…なんだかいいですね。

そもそもなぜ、台湾まぜそばにハマったかというと・・・ちょっと以外なエピソードが。

塚田さんはアニメ「ラブライブ」のファンで、「ラブライブ!」のμ’s3年生「矢澤にこ」役の声優、そらまること徳井青空さんが台湾まぜそばが好きだったことから台湾まぜそばを知り、そしてハマっていったという経緯があります。

塚田涼太郎は台湾まぜそばに出会うまで「ぼっち」だった!?

塚田涼太郎さんは内向的で友達のいない「ぼっち」だったそうですが、台湾まぜそばを通してお友達ができたという。

その一つのきっかけとしては、唯一東大だけにしかない塚田涼太郎さんが責任者を務める「台湾まぜそば研究会」だったのかもしれません。

Twitterでも「#東京大学台湾まぜそば研究会」というハッシュタグを用いたツイートがいくつもされており、名のしれた活動ということが伺えますね。

この研究会では東京大学で「台湾まぜそば うまい なぜ」をテーマに研究しているらしく、都内を中心に世界各地の台湾まぜそば店を開拓しているそう…。なかなか本格的ですね。

Twitterアカウントのプロフィールにも「まぜそばにハマったらまた人生たのしくなった」と書かれており、台湾まぜそばで人生が変わったことがわかります。

塚田涼太郎が紹介する台湾まぜそばの定義とは!?

マツコの知らない世界の番組内では、「台湾まぜそばの定義」を説明しています。

その定義とは

1、豚ミンチ

2、卵黄

3、ネギ

4、ニラ

5、海苔

6、おろしニンニク

7、魚粉

この7つが盛られた汁なしのそば

だと言っています。マツコはこれに対し「魚粉とおろしニンニクは共存しちゃダメ!」と驚きを隠せないようです。笑

台湾まぜそばを食べる上で定義なんて考えたこともなかったですが、きちんとあるものなんですね…

マツコが初体験!台湾まぜそばの魅力とは!!

そして塚田涼太郎さんが語る、台湾まぜそばの魅力。

それは「ごちゃ混ぜにする罪悪感!」だそうです。

「確かに!!!!」と納得する方もいるかもしれません…私もその一人ですが、台湾まぜそばって混ぜるからこそ美味しいんですよね。

しかし、意外と出てきた食べ物をごちゃ混ぜにすることってあまりないと思います。台湾まぜそばならではの食べ方です。

そこがやはり「台湾まぜそばの魅力」なんでしょうね。

そして番組の予告内最後では、そんな台湾まぜそばを愛するあまり、塚田涼太郎さんが「台湾まぜそば屋さんを立ち上げた」と発言したところで終わっています。

果たしてどんなお店なのか…要チェックです!!

スポンサーリンク

台湾まぜそばの発祥地は「台湾」ではなかった?!

台湾まぜそばという名前なぐらいなので、その発祥地は台湾なのかと思いきや…

なんと「名古屋市」だったんです!

遡ること10年前の2008年頃、愛知県名名古屋市中川区にある「麺屋はなび 高畑本店」が発祥。

麺屋はなびの代表取締役である新山直人さんが、当初新しいメニューを開発中にひき肉ラーメンに入れようとしたところ、当時のスープに合わず捨てようとしたのだそう。

そのとき、当時のスタッフが「もったいない」と言ってスープの入っていない麺にミンチをかけたら予想以上の美味しさ。

そこから「台湾まぜそば」が始まったんですね。

塚田さんいわく

・出来たきっかけは「台湾ラーメン」の失敗作

【麺屋はなび 高畑本店】

住所    :愛知県名古屋市中川区高畑1-170

営業時間  :11:30~14:00/18:00~21:30

※土日のお昼は11:00~14:30営業

定休日   :月曜日、第一・第三火曜日

店舗公式HP :https://www.menya-hanabi.com

食べログでも3.6越えの高評価(2019年9月現在)で、番組内でもマツコが食べている台湾まぜそばの一つとして紹介されています!

麺屋はなび 高畑本店

麺屋はなび 高畑本店(食べログより)

ここ以外にも番組内では様々な台湾まぜそばが紹介されますので、ぜひお楽しみに!!

塚田涼太郎の台湾まぜそばに関するまとめ

9月10日(火)放映の【マツコの知らない世界】では、東大院生の塚田涼太郎さんが「台湾まぜそばの世界」を紹介してくれます。

塚田涼太郎さんは東大で「台湾まぜそば研究会」を立ち上げ、都内を中心に世界各地の台湾まぜそば店を開拓しています。

番組内では台湾まぜそばの定義や魅力を語っており、台湾まぜそばを愛するあまり「台湾まぜそば屋さんを立ち上げた」と話したところで予告が終わっています。

台湾まぜそばをこよなく愛する塚田涼太郎さんがおすすめの、台湾まぜそばのお店はどこなのか、今から楽しみですね!

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました♪