音声翻訳機の需要が急増する!?海外旅行でも活躍の翻訳機が国内でも大活躍!!【2020東京オリンピック】

日本には海外の観光客も増え、街を歩いていると道を聞かれたり、お店の場所を聞かれたりと英語ができそうな人に声をかける外国人の方が増えてきていますよね。

そんな時に便利なのが、機械に話すだけで翻訳してくれる音声翻訳機や翻訳アプリです!

訪日外国人が2019年ラグビーワールドカップ日本大会や2020年の東京オリンピック・パラリンピックもあり日本に観光に来ます!外国人と接する機会が増える為、国内でも使える音声翻訳機の需要が急増しています!

そんな便利な音声翻訳機の機能や種類、用途などをご紹介します。

音声翻訳機の需要がこれから増えそう?

明石家さんまさんがCMに起用され、面白く商品紹介されている「ポケトーク」という夢の翻訳機。

CMの中でも服を買おうか迷っているさんまさんが「襟が前歯に当たらない?」と聞くと「うなずく店主」それを見たさんまさんが、「当たるんかい」とツッコミを入れる、さんまさんの後ろから中国語で話しかけられる場面や女性を英語で口説く場面が楽しく表現されています。

外国人とスムーズに話ができる機械があれば、海外旅行も友達作りも夢が広がりますよね。

ポケトークは(グローバル通信なしで24,880円)(グローバル通信ありで29,880円)

バッテリーも7時間連続で使用可能、種類にもよりますが63カ国後や74カ国後対応。

レンタルもあり、老若男女が使いやすい設計になっています。

他にも、無料でインストールできる「ボイストラ」や仕事や接客で使うために特化した「ili PRO」など、種類や価格・機能はさまざまなのでどれが良いか、じっくり選ばないといけませんね。

音声翻訳機は海外旅行によく使われている!?

日本でも使うことが増えそうですが、やはり海外に行く時の需要が多いようです。

海外旅行に行った時、私も翻訳アプリと旅行ガイドブックを使って現地の人と話をしましたが、翻訳アプリがあるとスムーズに話せて便利でした。

ですが!

無料の翻訳アプリだと、正確に翻訳されないこともあり、変換されないビジネス用語や登録されていない言葉なども多く、会話とまではいかず、相手に伝える事ができる、くらいのレベルなのかなと海外でアプリを使ったことのある私は思いました。

無料ではない「ポケトーク」や「ili PRO」などの音声翻訳機は日常会話のように話せるようで、あると便利ですし、現地の人のストレスにもならず、トラブルもなく仲良くなるチャンスも増えそうですよね!

これで国際結婚も増える時代になるんじゃないでしょうか?笑

実際に海外で「ポケトーク」を使った人の感想で、「英語・韓国語を使用しましたが、すごいです、違和感なく通じました。驚きです。これからも旅行には心強い必需品になりました。」と使いやすかったことが滲み出ています。

スポンサーリンク

音声翻訳機はオリンピックのどこで使われる?

そんな音声翻訳機はどこで使われるのかというと!

日本人が翻訳機を持つこともありますが、訪日外国人自身が持つ事もありますよね。

オリンピックの会場はもちろんですが、宿泊施設・交通機関の案内や標識、交番、入国管理の場や多くのお店でも使用されていきます。

買物する時や食事をする時に音声翻訳機があると凄い便利なんです。

どんな商品なのか、どんな味がするのか聞くのは大変ですし、値下げ交渉もなかなかできないです。

自分がタイで飲み物を買おうとした時には、お金を渡してるのに「それじゃ買えないよ」と言われ、10分くらい定員と四苦八苦してしまいました。

タイの食事ができる、日本で言うところのフードコートのような場所では、お金を渡してチケットをくれる人がいて、その人からチケットもらわないと各お店で食事ができないんです。

券売機の役割を人がやっているんですが、全然わからなかったのであの時翻訳機があれば…

海外から来た人も、券売機の使い方や自販機など聞きたくても聞けないこと多いですよね!

音声翻訳機に関するまとめ

知り合いに「ドラえもんの道具で一番欲しい道具って何?」と聞くと「ほんやくコンニャク」と言っていました。

「どこでもドア」や「タケコプター」じゃないんだ!

翻訳なんだとびっくりしていましたが、「ほんやくコンニャク」は外国語だけじゃなく、動物・昔の言葉・宇宙人まで翻訳するんですって!
それは欲しいかも笑

外国人と話す事が増えてくるグローバル時代、直接話せた方がよいですが、何ヶ国語も覚えることはなかなか大変ですし、接客や旅行、オリンピック観戦の時も音声翻訳機があれば外国人と楽しく話ができること間違いなしですね。

「お・も・て・な・し」の為にも、接客や対応する人には必需品になりそうです。

今後の仕事の為にも、一家に一台の時代が来るのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする