有名な人の意外な改名!「くっきー!」さんだけじゃない!お笑いや歌手女優の意外な改名歴!!

野性爆弾のくっきーさんが、日本テレビ系バラエティ番組、アイドルグループの嵐「二宮和成さん」MCの「ニノさん」(毎週日曜ひる12:45~13:15放送)に出演した際に、占い師のアドバイスで「くっきー」から「くっきー!」に改名することになりましたね。

この時は画数が7画よりも1画増やした方がいいというアドバイスのもの改名したようですが、その他にも、意外な人が改名していたという話を聞いたのでご紹介したいと思います。

改名前:上ロース(コンビ名:ダブルホルモンズ)

ん?上ロース??

はい、芸名です。

80年代のお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成していた一人で、今はトーク番組などのMCに引っ張りだこのお笑い芸人「今田耕司(いまだこうじ)」さんです!

このコンビ名での活動はわずか1年でだったそうです。

改名前:骨付きカルビ(コンビ名:ダブルホルモンズ)

こちらもダブルホルモンズ。

当時の今田耕司さんの相方ということになります。

その芸人さんとは・・・

ほんこんさん。

今田耕司さんとほんこんさん、コンビを組んでいたんですね。

ちなみに、ほんこんさんは「デスノート芸人」の異名を持っています。

なんでも、解散しそうなコンビを次々と言い当てるのが名前の由来だとか。

改名前:おあずけブラザーズ(コンビ名)

こちらは改名前のコンビ名。

改名前と聞いているせいか、名前だけ見ると全然売れなさそうな名前に聞こえますね笑

でも、こちらのコンビは、今やピンでも超有名な方々です。

このコンビは誰かというと・・・

ウッチャンナンチャンです。

そう、内村光良さんと南原清隆さんのコンビ名ですね。

おあずけブラザーズという名前は、おあずけシスターズをもじったものだとか。

ちなみに現在のウッチャンナンチャンという名前は、南原清隆さんの思いつきで出したものの変更が効かず、そのまま定着してしまったようです。

スポンサーリンク

改名前:悠木千帆(ゆうき ちほ)

こちらは、もしかすると記憶に新しいかもしれません。

ロックンロールな旦那さんを持ち、映画「命のみじかし、恋せよ乙女」が遺作となった、

樹木希林さんです。

そうですね、旦那さんは内田裕也さんですね。

当時、『テレビ朝日誕生記念番組・わが家の友だち10チャンネル・徹子のナマナマ10時間半完全生中継』の中のオークションコーナー(テレビ朝日会社局名変更特別番組)で「売るものがない」とのことで、思い入れのなかったこの悠木千帆という名前を競売にかけたそうです。

改名前:アンドレ・カンドレ

こちらはシンガーソングライターです。

「みなさん、お元気ですか?」と、当時の日産セフィーロのCMでフレーズが話題となった・・・

井上陽水さんです。

デビュー曲は「アンドレ・マンドレ」。

本人はマンドレという名前を考えていたが、当時のラジオ番組『スマッシュ!!11』のディレクターの野見山実さんが難色を示したため、アンドレ・カンドレにしたのだとか。

デビュー当時は不振が続き、とてもご苦労されたようです。

改名前:赤坂小町

こちらはガールズロックバンドのパイオニア的な存在の方のグループ名です。

もうお分かりですね。

そう、「プリンセス プリンセス(PRINCESS PRINCESS)」です。

名前の由来は、「当時のTDKレコードの所在地であった『赤坂』から」や「漢字4文字で」「雑誌で公募」など、諸説あるみたいです。

また、メンバーはご本人たちで集まったのではなく、TDKレコードがガールズバンドを結成するために、楽器それぞれのオーディションでメンバーを選出したとの事。

ある意味エリートの集まりといっても過言ではないですね。

意外な改名に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらは、ほんの一部ではあるかもしれませんが、報道などで見ると、簡単に改名と言っていますが、ご本人を含め、それを取り巻く環境も様々なんですね。

改名後のいい名前に出会うのも運命という捉え方もあるみたいなので、運命を引き寄せるひとつの方法なのかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする