和田朱美の経歴やプロフィール紹介!永遠に見続けられる魅力!砂だけが「砂時計」じゃない?!マツコも惹き込まれる砂時計とは【マツコの知らない世界】

10月29日(火)放送のマツコの知らない世界で「マツコの知らない砂時計の世界」を、日本で唯一砂時計専門店を開いた和田朱美さんが披露!

デジタル化が進んだ現代で、今もなお愛され続けている砂時計の魅力とは何か?

時間を測るだけではない、思わず時間を忘れて「いつまでも見続けられる砂時計」を和田さんが紹介してくれます!

今回はそんな砂時計の魅力や、現代の砂時計、そして砂時計を愛し続けている和田さんとは一体どんな人なのか、まとめていきます。

和田朱美のwiki風プロフィール

日本で唯一の砂時計専門店を開いている和田さんのプロフィールはこちら。

名前   :和田 朱美 (わだ あけみ)

生年月日 :1967年生まれ

年齢   :52歳

出身地  :静岡県

職業   :砂時計専門店「Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)」店主

子供のころから砂時計が大好きで、砂時計のお店を持つことが夢だったという和田さん。一日中砂時計を見つめる日もあったそうです。

東京の大学に入学をして、卒業後ヤマハ株式会社に入社はしたものの、子供の頃の夢を諦めきれず、1995年にヤマハを退職し独立。

ついに自身のお店である「Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)」を開店するに至ったのです。

砂時計専門店「Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)」はどんなお店?

日本で唯一とされる砂時計専門店「Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)」は一体どんなお店なのでしょうか。

そこにはなんと、日本にたった3名しかいない砂時計職人や作家の、オリジナルの砂時計が置いているそうなのです。

砂時計のギャラリー&カフェなので、砂時計を眺めながらコーヒーやドリンクを飲んで、ゆっくりできる空間。

お店に並ぶ砂時計はなんと常時100種類以上だとか。すごいですね…。

和田さんがデザインを考えて、砂時計職人に制作してもらっているため、オリジナルの砂時計が中心です。

さらに自分でオリジナルの砂時計もオーダーできるようなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

店舗名:「Sablier de Verrier(サブリエ・ド・ヴェリエ)」

住所:東京都台東区谷中3-9-18

営業時間:11:00~19:00

電話番号:03-5842-1400

定休日:不定休

HP:http://www5e.biglobe.ne.jp/~sablier

和田朱美が伝える砂時計の魅力とは

子供のころから大好きだったという砂時計の魅力は、「時を見つめて時を忘れられるところ」と話しています。

時間を測るための砂「時計」なのに、見ていると「時」を忘れてしまうなんて、なんだか幻想的で不思議な感覚になってしまいますね。

砂時計はほとんどが3分間の時を刻みます。

日常生活の3分間なんてあっという間に過ぎますが、砂時計を見ているだけの3分間って、ゆっくりと流れているような感じがするんですよね。

和田さんはそこが砂時計の魅力だと語ってくれます。

今さら聞けない砂時計の歴史

砂時計の歴史はかなり古く、起源は古代エジプト、古代ギリシャ、ローマとも中国ともいわれており定かではないそうです。

11世紀頃に航海用の時計として使われていたとされ、時間計測のほかには船の速力測定の用途などにも使われていたと言われています。

その後、現代にあるような、機械式の時計が発明されたことで、実用目的で砂時計が使われることは少なくなったそうです。

私が子供の頃はタイマーとして砂時計が使われていた時代もありました。

そんな昔からある砂時計が時を経て、様々な形に変えて今もなお愛され続けているのですから、なんだか素敵ですよね。

スポンサーリンク

砂だけが砂時計じゃない!?液体や泡を使った「砂時計」とは??

砂時計はその名の通りガラスの中に入っているのは「砂」です。

しかし現代の「砂」時計には、砂が使われていないものもあるんです!

マツコの知らない世界の予告でも、ガラスの中を液体や泡のようなものが落ちていく砂時計や、磁石砂が入っているため落ちるたびに違う形になる砂時計も紹介していますね。

また、ガラスビーズを使用して落ちていくときに優しい音が奏でられる砂時計も。

お茶をしながらそんな少し変わり種の砂時計を眺めるのも、なんだかいいですよね。

番組予告でも、最初は興味なさそうなマツコでしたが、最終的には「買っちゃおうかな~」とすっかり砂時計に魅了されていました。笑

他にもどんな砂時計が紹介されるのか、番組放送が楽しみです。

和田朱美の砂時計に関するまとめ

10月29日(火)に放送されるマツコの知らない世界で、「砂時計の世界」が紹介されます。

現代からは少しずつ存在が薄れてきている砂時計ですが、砂時計の魅力を改めて知ると、マツコのように惹きこまれてしまうこと間違いなしでしょう。

日本で唯一の砂時計専門店を開いた和田さんは、砂時計の魅力を「時を忘れられるところ」と語ってくれます。

砂を使った「砂」時計が当たり前と思ってきましたが、液体や磁石など、様々な種類があるのもきっと魅力の一つなのでしょう♪

あなたはどの砂時計に魅入られるのでしょうか。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする