これが洗濯洗剤!?雑貨好きにもオススメ!おしゃれなミルク缶に入ったプロユース仕様!善玉バイオEM菌?柔軟剤不要で使うたびに白くなる!?

皆さん、洗濯洗剤、こだわっていますか?

液体、粉末、そして最近ではジェルボールなどなど…

いまや洗濯も時短で頑張らない時代。

ですが、市販のものを買ってきて毎日使うのはいいけれど、外見のデザインがいかにも洗剤で飽きる・・・そんな事、無いですか?

今回、まるで洗濯洗剤に見えないものを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

これが洗濯洗剤!?雑貨好きにもオススメしたい缶入り洗剤!!

雑貨といってもカテゴリは様々。

北欧やエスニック、無国籍系、などなど。

お好みのスタイルやデザインのものに囲まれる生活は飽きずに楽しいものです。

私はよく「本来の用途に見えないもの」が好きなので、そのようなものを探してしまいます。

例えば・・・

・エスプレッソカップに見える鉛筆削り

・マジックインキに見えるマスカラ

・ケチャップに見える修正テープ

など。

そんな中、ミルク缶に見えるものを見つけました。

それが、こちら。

TOMIOKA CLEANING(とみおかクリーニング)
洗濯粉洗剤オリジナル

どうです?

ミルク缶に見える洗濯洗剤、です!

※ミルクの成分が使われている訳ではありません

これが洗濯洗剤!?おしゃれなミルク缶に入った洗剤はプロユース仕様!

これをつくっているのは、北海道中標津にある創業1950年の老舗クリーニング店。

中標津といえば「ミルクロード」と言われる、牛乳を出荷するタンクローリーが走る一直線の道路があります。

ライダーの聖地とも言われる開陽台(かいようだい)という展望台が有名です。

そういった事もありミルク缶のデザインとなったのかもしれないですね。

ただ見た目をミルク缶に模しただけではなく、クリーニング店としてのノウハウが詰まっている、まさにプロユース仕様の本格派なのです。

なんといっても特徴なのが「善玉バイオのEM菌」のオーガニック洗剤である事。

一般の合成洗剤と比べると泡が立たないのですが、これはいわゆる「界面活性剤」が極力抑えられているから。

界面活性剤とは?

水と油など、物質の境目を「界面」といい、その境目には表面張力が存在します。

その界面の境目を無くして混じり合うようになります。この状態を「乳化」、つまり表面張力が無くなる状態です。

界面活性剤は汚れ(油)を包み込む性質があり、これが結果的に衣類から汚れを引き剥がす事になります。つまり汚れが落ちる、という事です。

あれ?

じゃあ界面活性剤って、汚れを落とすのに必要なのでは??

確かに仕組みだけ見ると必要です。

ただ、汚れを落とすのは何も界面活性剤だけではないんです。

これが洗濯洗剤!?善玉バイオEM菌で汚れを分解!海や川の浄化にもつながる!?

ここからが善玉バイオEM菌とすごいところ。

簡単にいえば、微生物の働きで酸化している汚れを分解させるのです。

界面活性剤は、いわば衣類から汚れ(油)を無理やり引き剥がす仕組み。

実は繊維自体に必要な油分も一緒に剥がしてしまうため、極端に言えば乱暴な訳ですね。

そして洗濯のあとは、当然ですが排水しますよね。

排水した水は下水道を通り浄水処理施設(浄水場)を経て川に流されます。

このあと川から海に流れ、やがて水蒸気となって地表に降り注ぎ、上流などの川から取水して生活用水をつくり、私達の水道へ・・・

つまり、排水した水も巡り巡って蛇口から出てくる訳です。

その仕組みはなかなか目に触れないために、蛇口をひねれば水が出る、くらいにしか普段は思わないですよね。私もどちらかといえば、あまり考えないほうでした。

そんな中、善玉バイオEM菌は、汚れを吸着するのではなく分解する訳ですから、界面活性剤と比べるとエコといえますよね。

また排水されたあとは約24時間で水と二酸化炭素に分解され、微生物にエサに。微生物は魚のエサになるのため、環境浄化にもつながります。

スポンサーリンク

これが洗濯洗剤!?善玉バイオEM菌効果で柔軟剤も不要に??

善玉バイオEM菌は衣類に必要な油分が極力保持できます。

その結果・・・衣類は柔軟剤いらずでふっくら仕上がります。

柔軟剤は、その成分が衣類の布地(繊維)に吸着されて、柔らかな感触に仕上げるもので、布地の風合いを取り戻す訳ではありません。

むしろ、その科学成分が皮膚から吸収されて肌荒れの原因ともなります。

「経皮毒」とも呼ばれアトピーの原因の一つとも考えられています。

洗濯洗剤の製造販売メーカーも、排水の事まで考えて研究されていますので、一概に界面活性剤や柔軟剤が悪いという訳ではありませんが、どうせ選ぶなら少しエコなもの・・・そういう思いを持ってもいいのかな、と。

デメリットがあるとすれば・・・結構お高めなところでしょうか。

洗濯洗剤で粉末タイプの王道といえば、2019年総合ランキングでトップの・・・トップ!

ではなく、アタックです。

ここでお値段を比較してみましょう。

花王 アタック 高活性バイオEX 本体 900g

花王 アタック高活性バイオEX

900g 800円(amazon参考)

TOMIOKA CLEANING
洗濯粉洗剤オリジナル

800g 2000円(公式オンラインショップ)

はい、お値段だけ見るとお高め・・・約3倍・・・

どんな物にも長所短所はあるものです。

雑貨好きにもオススメ!おしゃれなミルク缶に入った洗濯洗剤に関するまとめ

すっかり宣伝っぽくなってしまいましたね笑

個人的に一番言いたかったのは、洗濯洗剤に見えない洗濯洗剤、のはずだったのですが。

ミルク缶という見た目と、エコな中身・・・

たまには、おしゃれな洗剤で衣類を気遣ってあげてもいいのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする